数年振りにバードウォッチングの趣味に目覚めてから再び近隣の緑地公園や自然観察公園に足を運ぶ様になって、すでに半年近く。しばらく通っていなかったこれらのフィールドも、何度か通えば程無く身体がかつての感覚を取り戻し、たとえアップダウンがきつくともそれ程苦にならず行き来出来る様になるものです。
数年経っても変わらないのはもちろん見られる野鳥の構成。基本的な種類はともかくとして、水辺にやってくるカワセミやゴイサギを見付けたり、上空を舞うオオタカやノスリの格好良い姿を見たりすれば自然と日頃のストレスも吹き飛び、どんなにつまらなくとも生きる素晴らしさや感動を覚えるものです。
そんな中でも特に感動的で、本格的にバードウォッチングの世界に復帰しようと決意させてくれたのが、とある夕方に出会ったフクロウでした。
100パーセント野生のフクロウをこの目で見たのはそれが初めてで大変感動的、再びその姿を見るまで止められないと、わざわざ高級な双眼鏡まで買って、この世界に戻ってきたのです。http://xn--4gq05lpqhf6h9qg9z5dgbd.jpn.org